雄勝石

雄勝石は、宮城県石巻市雄勝町で生産される石材です。
光沢があり、硬く耐水性に優れているという特徴があります。

玄昌石とも呼ばれ、その歴史は古く室町時代には使われていました。

雄勝石は、食器や硯、スレート材などその用途は幅広く、東京駅の駅舎の屋根にも使われています。

日本の伝統工芸品で、食卓や生活を豊かにしてみませんか?

雄勝石
 
 
雄勝石 お香立てセット丸100
  • 1
  • 2