灯油の昔の読み方わかりますか?

灯油の昔の読み方わかりますか?

Posted by 白川友基 on

灯油の読み方

 

石油ストーブ

 

灯油の昔の読み方わかりますか?


正解は

 

「ともしあぶら」

 

です。

 

 

ろうそくは高級品!?

 

ろうそく

 

江戸時代、ろうそくはとても高価なものでした。

そんなぜいたく品を使えない一般庶民は、植物や動物の油を利用していました。


この油を「灯油(ともしあぶら)」と言って、原料には胡麻油や菜種油、動物では鰯やクジラなどが使われていました。

魚の油は菜種油の半額くらいと安いけど、魚臭くなるという弱点もあったそうです。

 

 

黒船来航はクジラ漁が目的だった

 

黒船

 

ぺリーが黒船に乗って来航した1853年当時のアメリカ北部の州では、ろうそく作りが盛んでした。そして、ろうそくの原材料がなんとクジラの油だったのです。

 

最初は大西洋のクジラを捕獲していましたが、捕獲量が足りなくなると今度は太平洋に進出します。捕鯨船も燃料や食料など物資の補給が必要になるので、その基地として日本に目を付けたのです。

江戸時代が終焉を迎え、明治時代に移り変わるきっかけは、ろうそくだったのです。

 

 

おすすめの照明器具


結婚祝い、誕生日プレゼントなど、ギフトやプレゼントにおすすめの、おしゃれな照明をご紹介します。

 

『ペンダントライト ドリッパーランプ ブラウンコード』

 

詳しく見る

 

『キャンドルウォーマー ORIGAMI LAMP CANDLE WARMER』

詳しく見る

 

『MOCORO-NT - モコロ 木目

詳しく見る

 

『KAZAGURUMA - 風車』

 

詳しく見る

 

おすすめのライト・照明をすべて見る

トリビア 新築祝い 照明 結婚祝い 美濃焼 贈り物

← Older Post Newer Post →

特集記事

RSS
京焼・清水焼のポットとティーカップ
京焼・清水焼 伝統工芸品

京焼・清水焼の特徴と違い|歴史や作家を解説

華やかで美しい陶磁器をみると、何となく京焼や清水焼かな?と思っても、ずばりどちらなのか分からない方も多いと思います。

Read more
江戸切子のグラス
伝統工芸品 江戸切子

江戸切子|おすすめグラスに歴史・特徴も解説

江戸切子のグラスは、お祝いのプレゼントや、自分へのご褒美にも大変人気です。 この記事では、江戸切子の歴史や特徴に加え、取り扱いで注意すべき点を学ぶことができます。

Read more