鹿沼組子

栃木県鹿沼市の伝統工芸品「鹿沼組子」は、釘を使わずに木片を組み合わせて模様を描く木工細工です。

その歴史は、日光東照宮の修営に携わった職人たちが鹿沼に沿って住み、その技術を広めたことに始まります。

鹿沼組の特徴は、繊細で美しい模様と、木材の質感をこだわった優しい風合いです。

鹿沼組子は、障子や欄間、仏壇などの建具や、茶道具、花器などの工芸品に用いられています。

日本の伝統技術で作られた質の高い工芸品で、生活を豊かにしてみませんか?

鹿沼組子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Sold Out