樺細工

樺細工は、秋田県仙北市角館町で作られている木工品です。

1780年頃に秋田県北部、合川町鎌沢の神官御処野家より角館の武士、藤村彦六がその技法を伝授され、下級武士の内職として、盛んに作られるようになりました。

当時は印籠、朱肉入、眼鏡入、根付なども作られていました。現在では茶筒や茶箕(ちゃみ)、お盆など、その美しい節模様を活かした製品が、伝承された技術で作られ続けています。

日本の伝統技術で作られた樺細工で、生活を豊かにしてみませんか?

樺細工
 
 

金筒 茶筒

金筒 茶筒

¥22,000

Color|1 色

 
 

帯筒 茶筒 わかば

帯筒 茶筒 わかば

¥13,200

Color|1 色

 

帯筒 茶筒 しだれ

帯筒 茶筒 しだれ

¥13,200

Color|1 色

 
 

帯筒 茶筒 くるみ

帯筒 茶筒 くるみ

¥13,200

Color|1 色

 

帯筒 茶筒 さくら

帯筒 茶筒 さくら

¥13,200

Color|1 色

 

帯筒 茶筒 かえで

帯筒 茶筒 かえで

¥13,200

Color|1 色

 

素筒 茶筒 無地皮

素筒 茶筒 無地皮

¥11,550

Color|1 色