和傘

和傘の歴史は古く、6世紀頃に中国より日本に伝わってきました。

和傘の特徴は、洋傘の骨組みが6本から8本に対して、和傘は16本から48本と多く、とても丈夫な作りとなっています。

骨組みの素材は竹で作られており、骨組みに和紙を張ります。表面には油を染み込ませ防水性を高めた作りになっています。

現在では、岐阜、金沢、京都が生産地トップ3となっています。

日本の伝統技術で作られた質の高い傘を使って、生活を豊かにしてみませんか?